1 利用時間
会場利用は午前10時から午後6時までとする。ただし、施設運営者との協議により、変更になる場合がある。なお、毎週水曜日及び12月29日から翌年1月3日までは休場日とする。

2 利用申請
⑴ 真田十勇士ガーデンプレイスにおいて、イベント広場の利用、又は土地の一部利用を希望する者は、真田十勇士ガーデンプレイス利用申請書を運営者に提出し、その承認を受けるものとする。
⑵ 利用申請の受付は、利用希望日の2か月前の月の初日から2週間前までとする。
⑶ 運営者は、利用内容を審査し、利用の可否を決定する。

3 利用条件
利用については、中心商店街への誘客及び賑わいの創出に寄与することを趣旨とし、原則として営利目的でないことを条件とする。

4 利用の制限
利用の内容が次の各号に該当する場合には、利用の承認をしない。
ア 風紀又は秩序を乱し、公益を害するおそれがあるとき。
イ 施設、設備等を損傷し、又は減失するおそれがあるとき。
ウ 宗教活動や政治活動を目的とした利用である場合
エ 暴力団等又はこれらに準ずると認められる者が利用する場合
オ 楽器演奏や音響機器の使用により、近隣者に迷惑を及ぼすおそれがあるとき。
カ その他真田十勇士ガーデンプレイスの管理運営上支障があると認められるとき。

5 利用承認の取消し等
⑴ 利用の承認後に、次のいずれかに該当したときは、利用承認を取り消し、又は利用中止の措置を取るものとする。
ア 台風、豪雨、雷、強風、降雪等による荒天のため、来場者に危険が生じるおそれがあると運営者が判断したとき。
イ 前項4の利用の制限に該当したとき。
ウ 利用する権利を第三者に譲渡、転貸、売買したとき。
エ 利用申請者に虚偽の記載が判明したとき、又は利用承認した目的及び内容と異なる目的・内容で利用しようとするとき。
オ その他上田市又は運営者が管理運営上必要と認めたとき。
⑵ 利用承認の取消し、又は利用中止の措置により、利用者及びその関係業者や来場者に損害が生じる場合があっても、運営者はその責任を負わないものとする。

6 利用者の義務
利用者は、利用に際して、次の各号に掲げる事項を遵守するものとする。
⑴ 利用者は必要な業務を適切に遂行できる地位にある者とすること。また、利用者は、必要な業務を適切に遂行できる地位にある者を「会場責任者」として選任すること。会場責任者は、利用時間中は真田十勇士ガーデンプレイスに常駐し、利用全般について適切な管理を行うこと。
⑵ 通常の警備・人員整理についてだけでなく、災害・緊急事態発生時に備えて来場者の避難、誘導、緊急連絡、応急処置などについて、綿密な計画を立てるとともに当日の係員に徹底すること。
ア 災害や事故など備え、事前に避難口・避難誘導方法などをあらかじめ確認すること。
イ 災害発生の際、利用者は運営者と連携して、来場者の避難誘導を行うこと。
ウ 利用者は、利用時間内の管理、来場者の整理・案内、盗難・火災・事故の防止、急病・けが人発生時の対応等に対して、必要な対策を講じ、適切に対応すること。また、利用中は、利用者の責任で来場者の整理・案内、急病・けが人発生時の対応を行うこと。
エ 多数の来場者があるとき及び利用内容により必要があるときは、利用者が警備会社等への委託又は警備担当者を配置し、事故・盗難等を防止すること。
オ 利用時間内に発生した事故等については、利用者のみならず来場者の行為に起因することであっても、すべて利用者側で責任を負うこと。
カ 万一に備え、利用者は必要に応じて適切な保険に加入すること。
⑶ 利用者は、運営者の指示に従うこと。
⑷ 利用者は、他の来場者や騒音等により近隣者に迷惑を及ぼさないようにすること。
⑸ 利用等に必要な法令等に定められた関係官庁への届出もしくは許可申請等または関係機関への届出等は、利用者の責任と負担で行うこと。
⑹ 利用等で発生した廃棄物は、利用者が必ず持ち帰ること。
⑺ 利用者は、利用終了後又は利用の承認を取り消され、若しくは利用を停止させられたときは、直ちに利用した施設、設備等の清掃等を行い原状に復すこと。

7 損害賠償の義務
利用者は、利用に際して、利用者及びその関係業者や来場者に起因する損害が発生したときは、利用者がその損害額を賠償しなければならない。

8 免責
利用にともなう人身事故及び物品・展示品等の盗難・破損事故などのすべての事故について、運営者は一切の責任を負わないものとする。<


利用規約に同意する